PR 6月

顔面優等生 まさに東大合格レベルの顔面偏差値

神々しい美少女がひたすら彼氏ペニスでイカせまくられる動画が見たい人にはコレ
配信先 FANZA(1820円)

羽田真里(向井藍) 人気AV女優にガチナンパモニタリング

真里ちゃんはプライベートだと思っていますが、しっかり撮影
配信先 カリビアンコム(月額$49.50)

01 8月

来世で付き合いたい可愛い女の子画像 part32



関連記事 【動画】大学内でAV撮ってるカップル、激写される   




2


3


4


5


6


7


8


9


10


11


12


13


14


15


16


17


18


19


20


21


22


23


24


25


26


27


28


29


30


31


32




海水浴場、性的な女であふれかえる
ビーチで乳首をポロリしちゃった水着姿の素人娘たち
大島優子、騎乗位濡れ場&バキュームフoラがエ□い
海水浴場でセ○クスしてるカップル ⇒ そこにヤンキーが
今、女のマ○コ触り放題の街がこちらです
嫁がFカップになって滅茶苦茶嬉しい※参考画像あり
【悲報】顔50点、身体100点の女さん、生々しくてエロすぎる
裏垢S級美少女の自分撮りヌード画像
吉川友さん、tiktokダンスでビーチクを強調してしまうwww
柴咲コウ、濡れ場セミヌードやおっぱいがエロい
カチンコチンになった肉棒をペロペロ…フェラチオ画像100枚
胸チラしてる!と思ったら乳首チラもしてた素人娘
絶叫マシンでまさかの生き物と衝突してしまった13歳の少女。
瀬田一花 365日ヤレる最高の長身むちむちGcup女
ファッション誌専属モデル寒川綾奈 32歳でグラビアデビュー
小沢菜穂の無修正流出動画
小島みなみ 酔って身を任せたら勘違いし6発射精
元乃木坂46松村沙友理、レースのパンティー解禁
世界のエロ痴女はどこでもおっぱい●だし露出しちゃう
東●●学3年の高IQ女子に無許可で中出し
ライブ配信でカワイイJKが胸チラパンチラする神ハプニング
この白人美女がおっぱいを見せる理由は…
熟女のマ〇コを完全に見くびってた
輝き続ける異物挿入です。
岩田絵里奈アナ スタジオの隅でうずくまるお尻
最近の初音ミクさん、とてもエッチなフィギュアを出してしまう
熟女のおっぱい画像 美巨乳や劣化がエロい乳80枚
あの美人女優、イベントでポロリしてしまう
樋口円香の中出しエッチのエロ画像 100枚
架乃ゆら 可愛い女上司と2人きりの残業セックス
正常位でおっぱいを揺らすお姉さんに興奮エロ画像
【画像】外人特有のこういうおっぱいwww
元Jrアイドル近藤あさみ、下着からハミ出たプリケツ
高崎かなみ、パンティ脱いで全裸!生尻ヌード
えなこさんのおっぱい、彼氏に好き放題開発される
女性が水着で撮影中、股間が大きくなったスタッフ
エロくて抜ける漫画教えて下さい
恒松祐里 正常位で突かれて耐えられずに声を漏らして
安藤萌々アナ、お〇ぱいが凄すぎると話題に
TiktokのJKエロ過ぎて気付いたら抜いてた
最近のJKさん、プリクラ内でお●ぱい丸出し
井口綾子さん、風呂ロケで下半身の黒いモノが丸見え
如月結衣 お願いされたら断れないナースのお仕事
碧しの 豊田ゆう かり美びあんず ~趣向を凝らしたレズプレイ
輝月あんり 放課後に、仕込んでください
百多えみり 忙しくて疲れている時に性欲が高まる彼女
中瀬のぞみ 制服 de 回春リフレッシュ術
HITOMI 世界で一番ぶっかけ精子の温かさに滾る女
菊川みつ葉 チンポが好き過ぎて切磋琢磨された絶妙な舌技
吉野まい 初めて挑んだアナルセックスが良すぎちゃった
佐倉ねね THE 未公開 〜私のぱふぱふ気持ちいよ〜
早抜き 上原亜衣BEST2

コメント 44件

  1. 爻岱

    お知り合いになって
    セックスへと進みたいですね
    僕は言い出したら我慢ができない
    タイプなので必ずモノにしたい
    48手極めてみたい
    色々な路上で立ちバックしたい

  2. あなるーと君

    全員よつん這いになれ!
    尻を差し出せ!
    嗅いでやる!
    僕はアナルソムリエにはなれぬよ
    何でも食すので

  3. 佐和子

    私達には娘が一人居ますが、去年の春、中高一貫校の中学部に入学して寮生活を始めたため、結婚して14年目に夫婦で自由な時間が持てる様に成ったのです。

    娘が中学に入学して5ヵ月ほど経った頃、夫から『ちょっと変わったバーに行ってみないか?』と誘われたのです。
    その頃、子供に手が掛からなく成り、コロナの流行も一時的に少し治まり、季節的にも気分が開放的に成っていたから『・・変わったバー・・』と聞いて少し妖しいものを感じ、何かを期待して夫に付いて行ったのです。

    そのバーは飲み屋街の裏通りに在るラブホテルと同じビルの中にあり、ドアにはインターホンが付いていました。
    インターホンを押すと中から応答が有り、夫が名前を言って応えるとドアを開けてくれ、店内に入ると室内は薄暗く、冷房が良く利き、甘酸っぱい匂いが漂って淫靡な雰囲気を感じました。
    私は夫とボックス席に座り薄暗い空間に目が慣れ周囲を見渡すと、中央にカウンターが有り、その周りにボックス席が10席ほど並び、カウンターに座っている数人の男達から妖しい視線を向けられたのです。

    私は異様な雰囲気に戸惑っていると
    「ここはハプニングバーと言って男女の出会いのバーなんだよ。」
    夫から初めてこのバーの目的を教えられたのです。
    バーテンダーらしい男性がウィスキーボトルとアイスペール、それに水と簡単なおつまみをトレイに載せて持って来ると、夫はボトルに自分の名前をサインしながらその男性と話していたから、夫はこの店には時々来ていると感じ、私の知らない夫の怪しい行動の一部を見た気がしました。

    バーテンダーが席を離れると、夫がウィスキーの水割りを作って手渡してくれながら
    「あのボックス席をよく見て見ろよ!」
    そう言ったから教えられたボックス席を見みると、ブラウスの胸をはだけスカートを乱した女性に男が3人取り付いて一人がキスを・・もう一人が乳房を弄び、後の一人は股間に顔を埋め、女の甘い喘ぎ声が聞こえて来ました。
    私はそんな情景を見るのが恥ずかしくて目を逸らすと
    「・・あの女性は素人で・・行きずりの男達に抱かれていると思うよ!」
    断言的に言ってキスをして来たのです。
    「・・こんな所で嫌!」
    拒否すると
    「そんなに畏まって座っている方が変に思われるぞ。・・ここは皆オープンだから、気に入れば誰と付き合っても良いんだよ。・・佐知子も誰かに誘われるかも分からないぞ!」
    そんな妖しい事を言われると体の奥に熱いものが込み上げて来ました。

    それは夫の所為なのです。
    娘が家を出て二人に成ると、『佐知子が他人に抱かれる姿を見てみたい。』・・『知らない男に縛られてセックスしている姿を見てみたい。』そんな妙な事を言い始め、時々、私をロープで縛ってアブノーマルなセックスをする様に成ったのです。
    でも私にもそんな性癖が有ったのか、そのアブノーマルな行為に私の体が反応しマゾチックな興奮を覚えたのです。
    私の性癖を知った夫は・・『俺以外の男と寝てみろよ!』・・『誰か、男としたいのだろう?』・・『俺より太いペニスを経験したいだろう?』・・『佐知子を見知らずの多くの男とやらせてみたい。』そんな事を言いながら私を抱くようになったのです。

    私は夫のその言葉に対して『あなた以外の男としてみたいわ。』・・『行きずりの男に抱かれたい。』・・『娼婦に堕ちて多くの男に買われてみたいの。』・・そんな似非な睦言を言わされていましたが、それは知らず知らずの内に夫に洗脳されていたと思うのです。

    夫とキスをしていると近くに人の気配を感じ慌てて離れると、私達の横のソファーからこちらを見ている男性と目が合ったのです。
    ラフな格好をした渋い感じの中年男でしたが、目から異様な光を放ち、私を欲しがっている事はひと目で分かりました。
    「嫌!・・もうここを出ましょうよ。」
    夫に訴えると、夫は後ろから抱き付いて来てブラウスのボタンを外し始めたのです。
    「止めて!」
    そう訴えても強引にブラウスのボタンを外して前を肌蹴、ブラジャーの中に手を入れて来たのです。
    私は男の視線が気に成りました。

    「彼・・佐知子を気に入っているみたいだぞ!・・オッパイを見せてやれよ!」
    強引にブラジャーを捲し上げられると乳房が露わに成り、男の視線が乳房に張り付いて来たのです。
    「・・・触っても良いですよ!」
    夫が男に話しかけると、男は無言で私の隣に移って来て、両乳房を掴んで来たから体をすくめて逃げようとしたのになぜか体は動かずにいました。
    顔を背けて男の行為を許していると、その手は優しく乳房を揉みほぐす様に動き、夫とはまた違う動きと感触に・・初めて感じた妙な快感が体の中を走り抜け、その快感で体が小刻みに震え始めたのです。
    「感じているのか?」
    夫が問うて来ました。
    私は首を振って否定したのに、今度は男が手をスカートの中に入れて来ました。
    私は太ももを強く閉じて拒否すると
    「触らせてやれよ。・・今夜は何も考えずに淫乱な女に変身してみろよ。」
    そう言われると強く閉じた太ももから力が抜けていきました。

    男の手がしばらく淫らに太ももを撫でた後、パンティの中に入り、夫以外に触られた事がない秘所をその指が妖しく動き、微妙な動きで花唇を撫でられると体が溶けてしまいそうな快感に襲われ・・我慢出来ずに甘い喘ぎを発してしまったのです。
    甘い喘ぎを発すると男の手の動きが大胆に成り、パンティをずらされ指を花芯の中に差し入れられると思わず夫に抱き付いていました。
    「奥さん感じて濡れているよ!・・相当好きなんだな?・・やらせてくれるかい?」
    男が花芯の中に差し込んだ指を動かしながら、低い声で夫と話しているのが聞こえて来たのです。
    怖くて不安に成って夫を見ました。
    夫は異様な興奮を覚えているのかギラギラした目で私を見ていました。
    その目にはいつもの私を見る優しさは無く、他人の指で喘ぐ私を娼婦の様に卑しめている目に見えたのです。
    「佐知子・・良いだろう? やらせてやれよ!」
    夫がそんな非常識な事を平気で言ったのに、なぜか私は拒む事が出来ずに
    「・・ここじゃあ嫌!」
    そう訴えると
    「それじゃあ・・隣のラブホテルに行こうか?」
    男が簡単に言ったのです。

    その時、私は逃げようと思えば逃げられたのに、意志に反して体が動かず半ば無意識に二人に付いて行きました。
    バーの奥にドアが有り、そのドアを出るとラブホテルの廊下に繋がっていて、ドアの上に青いランプの付いている部屋に入りました。
    部屋はピンク掛かった電灯の照度を落として薄暗くし、部屋の中央にダブルベッドが有り、大型のテレビが壁際に置かれ、反対側の壁はガラス張りでバスルームの内が見えバスタブと洋式便器が並んで備えられていました。

    私は体が固まってベッドの横で立っていると、夫がブラウスのボタンを外しながら
    「もうここまで来たら覚悟を決めて・・この男と遊んでみろよ!」
    そう言って今度はスカートのホックを外されたが、もう逆らわずなすが儘に成り、男を見ると好色な目でジッと私を見ていました。

    夫が私を裸にすると・・テレビの横のテーブルに置いてあるアダルトグッズの中からアイマスクと赤いロープを取り出し、強引にロープで後ろ手に縛るとアイマスクで目隠しをされたのです。
    後ろ手に縛られアイマスクをされ恐怖感が起こっているのに、心の中にはマゾチックな期待感も起こっていました。

    誰かが後ろから抱き付いて来てベッドに寝かされ私の体の上に乗って来ました。
    その裸体の感触は夫のものでは無く、乳房を握られ、首筋に唇を這わされるともう拒否する気力が失せ・・『もうどうにでもなれ!』と思うヤケッパチな気分に成ったのです。
    それでも汗臭い自分の汚れた体を抱かれるのが嫌で
    「・・シャワーを浴びさせて!」
    そう訴えると、後ろ手に縛られ目隠しをされたままバスルームに連れていかれたのです。

    バスルームに入ると全身にシャワーの湯を掛けられ、男が素手にソープを塗って体を洗ってくれ、ソープが付いた手で乳房を弄ばれ、その手が股間に移って来ました。
    股間に移った手の動きは執拗で女の体を熟知していて、私の体はその手の動きに反応して快感で体が震え立っているのがやっとでした。
    「・・男好きのする良い体をしているな!・・今まで何人の男にやらせたのだい?」
    敏感な蕾を指で弄びながら・・低い声で卑下する様に言われましたが、その指の動きは巧妙でキスをされ舌を唇の間に入れられると、自ら舌を絡め応えていました。

    今度は跪かされ・・ペニスを咥えさせられたのです。
    そのペニスは夫とは比べられないほど太くて、大きく口を開けて口に含むと、髪を掴まれ強引に喉の奥まで差し込まれました。
    ペニスが喉の奥に当たると激しく咽たが、それでも強く頭を押さえられ、長い時間舌を使って奉仕させられたのです。

    シャワーを終えると男に支えられながらベッドに戻って来ました。
    部屋は静かで物音ひとつしないのに、目隠しをされているからか聴覚が研ぎ澄まされ、部屋の中に夫とは違う男の息遣いを感じたのです。
    夫の事が気に成り
    「あなた・・・?」
    そう問いかけても返事がなく不安に成っていると、男が私の上に乗って来て乳房を揉みながらキスをして来たのです。
    後ろ手に縛られ儘ならない動きでそのキスに応えていると、股間に違う男の手の動きを感じ、不安に成って
    「・・あなた?」
    もう一度夫を呼ぶと
    「・・見ているよ!」
    離れた所から声が聞こえて来ました。
    夫の声を聴くとちょっと安心し・・安心すると今まで感じた事の無い、行きずりの男達に弄ばれる背徳的な行為に妙な期待と興奮を覚えたのです。

    男が両足首を持ち、両足を大きく開かされました。
    大きく足を開かされると花芯に複数の男の熱い視線を感じ
    「まだ綺麗だな!・・でも使い込んでいる・・エロいお〇〇こをしている。」
    卑猥な言葉が聞こえて来て
    「嫌!・・やめて!」
    強く拒否をして両足を閉じようとしても男の力には敵わず、花唇を指で開いて弄ばれると・・『今まで夫にしか見せた事の無い股間を見知らずの男達に見られ、指で弄ばれている。』・・そう感じると強烈な恥ずかしさで体が縮んでいるのに・・『男達にもっと見て欲しい。・・指で淫らに触って欲しい。』・・そんな不思議な欲求が体の奥から湧いて来たのです。

    両足を持った手が離されると今度は膝を折って開かされ、股間に唇を感じました。
    花芯に唇が吸い付き、舌が花唇を割って這うとその快感で無意識に体を反らせ、痙攣しながら喘ぎを発し、自分の耳に聞こえて来る淫らな喘ぎは誰か他人が発している様に聞こえたのです。

    誰かが両足を割って体を入れて来ました。
    花唇にペニスを当てしばらくペニスを擦って弄ばれ、ペニスがゆっくりと体の中に入って来ると、膣の入り口が張り裂けそうな感触で思わず腰を引きながら・・『嫌・嫌・嫌ぁ~!・太い!・・太いの!・・怖いから止めて!』と叫んでいました。
    それでも体を押さえられ強引にペニスを体の奥まで入れられると膣が突き破られそうな感覚になったのに、ゆっくりと出し入れをされると直ぐそのペニスに馴染んで強烈な快感に襲われたのです。

    そんな快感に襲われ喘いでいると、誰かに髪を掴まれ、唇に生温かいペニスが当たり、そのペニスを咥えるとアイマスクの隙間から閃光が見え・・ピロロ~ン・ピロロ~ン・ピロロ~ンとスマホの連続するシャッター音を聞いたのです。
    二人の男に嬲られている行為を誰かにカメラで撮られていると思いました。
    だが妙な事に不安は起らず、男二人に嬲られる自分の痴態をカメラで写されていると感じると、妙な被虐的な快感が体の中を走り抜けたのです。

    ペニスを速く動かされると思わず体を大きく反らせ、体が痙攣してその快感で息が苦しくなり咥えていたペニスを吐き出すと、獣の様な叫び声が口からほとぼり出たのです。
    『・・俺のチ×ポ太いだろう?』・・『もっとヨガっていやらしく腰を振ってみろよ。』・・
    男がそんな卑猥な言葉を投げ掛けて来ました。

    私は強烈な快感で悶えていると、口を耳に当てて来て熱い息を吹きかけながら
    「もっと男が欲しいのだろう?・・俺の女に成れよ!・・俺がお前を男なしでは居られない体に仕込んで良い男を紹介してやるよ!」
    小さな声で囁き
    『俺の女に成れよ!』・・『俺の女に成れよ!』・・『俺の女に成れよ!』・・その言葉を囁きながら私を抱いたのです。
    そんな危ない事を囁かれながら太いペニスで長い間突かれると、強烈なマゾチックな快感で頭の中が白く成り、意識が朦朧とし始めた時
    「うっ・・うううう~~~ん」
    低い唸り声が聞こえたのです。
    男がペニスの動きを一旦止めると太いペニスが更に膨らみ、ペニスが膨らむと今度は腰を猛烈な速さで動かされ、ペニスを脈動させながら膣の奥深くに生温かい多量の精液を放出されたのです。
    体の奥に大量の精液を放出されると、子宮が熱く成り頭の中に閃光が走り
    「おっぉぉぉぉぉ~!・・逝く・・逝く・・逝っちゃう!・・逝っちゃう!」
    そう叫ぶとスーと意識が薄れて行ったのです。

    気が付くと別の男が私の上に乗っていました。
    後ろ手に縛られたロープは解かれアイマスクも外され、私を抱いている男はまだ若く坊主頭をして目付が悪く、両手で乳房を強く握って腰を動かしていました。
    私は男と目を合わすのが怖くて横を向くと、この行為を男と夫が見ていて、男と目が合って慌てて顔を反対側に逸らすと、三脚に固定されたビデオカメラが見えたのです。

    この行為を夫と男に見られ、ビデオカメラを意識するとそのレンズを通して多くの男達に見られている感覚がして、妙な熱い興奮が体の奥から込み上げて来ました。
    熱い興奮が体の奥から込み上げると異様な興奮が蘇り、私は若い男に抱き付いて、膝を折り、足を開いて、腰を大きく上下振って男のセックスに応えてやり、体をくねらせ乳房を男の胸にこすりつけながら喘ぎ悶えていました。
    男のペニスにはさっきの男の様な太さは無いが、固くて・・力強くて・・熱く感じました。
    男の息遣いが荒くなり、腰の動きも速くなるとペニスが太くなり
    『うっ・うっ・・うっ・・』と、この男も唸ってペニスを脈動させながら私の体の中に精液を放出したのです。

    しばらくして二人の男が部屋から出て行くと、嫉妬に満ちた表情をした夫がベッドに上がり抱き付いて来て
    「見知らずの男に抱かれるってどうだった?・・二人の男に抱かれて感じたのか?・・」
    今度は気分を昂らせた口調で聞いて来たのです。
    夫の心は嫉妬と興奮の狭間で揺れている事が分かっていたから
    「・・別に・・あなたと同じよ。・・でも初めてだから少しだけ感じたかな?」
    そう答えたが今の夫にはそんな答えでは満足するはずが無く
    「・・良いから正直に話せ!・・男のチ×ポは太くて・・本当は感じたのだろう?」
    怒った口調でしつこく聞いて来たのです。

    私は仕方なく
    「初めの人はあなたより随分太くて気持ちが良かったけど、後の人とはそんなに感じなかったわ。」
    ちょっと嘘を交えて言ったのです。
    夫は私の話をギラギラした目をして聞き、前戯もせずにペニスを花唇に当て体の中に入れて来ましたが、そのペニスは普段より固く感じ
    「佐知子が他の男に抱かれている姿に嫉妬したけど、その姿に感動もしたよ。」
    上擦った声で言いながら私を夢中で抱いていました。

    私は見知らずの男二人に抱かれ、本当はまだ体の中では異様な興奮がくすぶっていて、『加虐的で強烈なセックスでその興奮を鎮めて欲しい。』と思っていたのに夫のセックスはお座成りで、その興奮は鎮まりそうには有りませんでした。
    それでも二人の男に抱かれて悶え、歓喜の声を上げた事が恥ずかしく、その恥ずかしさを隠すために夫に抱き付いて無理に喘ぎ声を上げると、二人の男が射精した体の中に呆気なく射精をしたのです。

    行為が終わると私は夫に背を向け
    「あの男の人達は知り合いなの?・・私を写真やビデオに撮って大丈夫なの?」
    少し心配になって聞いてみました。
    「・・・」
    夫はちょっと間を置いて
    「年配の男は梶山さんと言って僕より2才年上かな。ハプニングバーで知り合った男でスナックを経営しているみたいだよ。もう一人は彼の知り合いみたいだな?」
    私はその言葉を聞いて、このバーに連れてこられたのは、夫とあの男が仕組んだ事だと悟っていると
    「・・それに佐知子の写真は他の者には見せないと思うから大丈夫だ。」
    そんなあやふやな事を言ったのです。

    「なあ?・・知らない男に抱かれるって感じるだろう?・・彼らに抱かれて悶えている佐知子に嫉妬したが・・僕もこんなに興奮したのは初めてだよ。」
    私の気持ちも知らないでそんな事を言い
    「彼に佐知子の電話番号を教えたから、掛かってくれば付き合ってやれよ。」
    そんな勝手な事をされて腹が立っているのに、彼の執拗で手慣れたセックスを思い出し・・『もっと男が欲しいのだろう?・・俺の女に成れよ!・・俺がお前を男なしでは居られない体に仕込んで良い男を紹介してやるよ!』・・そんな危ない言葉を囁いて来て・・『俺の女に成れよ!』・・『俺の女に成れよ!』・・耳元で囁き続けられた言葉が頭の中で渦巻いてまだ消えずにいたのです。

    「・・梶山さんって人に私がまた抱かれても・・あなたは本当に平気なの?」
    私は夫の気持ちを確かめる様に聞いていました。
    「ああ良いよ!・・彼は佐知子を気に入ったみたいだし・・佐知子さえよければ彼と付き合っても良いよ」
    そんな夫を複雑な気持ちで見ていました。
    私は梶山という男に危ないものを感じていたのに、もう彼の事を想う自分が居たからです。
    『多分、彼は必ず私に電話を掛けて来る。』と思ったし、『電話が掛かって来ると彼に会って抱かれ、セックスの虜に成り・・私は身も心も壊れていく・・。』そんな予感がしたのです。

  4. 名無し幕府さん

    おはようございます。
    来世も今世も日本人で顏の加工をしてない人がいいです。宇宙人は無理です。

  5. 腐海の後頭部ハゲ

    オッス!!!!!!!!!ゲームするだけで進行するのやめろ!!!!!!!

  6. 箕輪厚介

    ※7
    お前凄いな
    でも言い回しや構成よく見ると結構適当だな
    俺が編集してやんよ

  7. 密 着 ! 乳 輪 警 察 2 4 時  母乳噴射の瞬間100連発!

    ※7 小説書けるじゃん

  8. 病んでーモーニング

    まとめ記事より勃起した自分に
    誰か喝を入れてください

  9. 奴に散々迷惑かけられたさん

    県美、とても良いとこ
    そして今日も戻ったらスタジオの改装頑張るぞ 曲げた上腕二頭筋曲げた上腕二頭筋曲げた上腕二頭筋フラッシュを焚いたカメラフラッシュを焚いたカメラフラッシュを焚いたカメラ

    これついさっきアップされた奴のツイッターなw
    曲げた上腕二頭筋とフラッシュ炊いたカメラは絵だけど表示されないねw
    仕事辞めて毎日プラプラ遊んでいるんだなw
    親のすねかじりかw
    リスクを負うとか言っていたが笑わせるぜw

  10. 腐海の肥溜めで人間様を腐し過ぎィィ!!!!!

    それで腐れ贅肉と腐れ後頭部ハゲが進行するの辞めろ!!!!!!!!!

  11. 名無し幕府さん

    ほとんどが加工・整形・厚化粧のモンスターで草

  12. 江戸川珍歩

    ※7
    長げーよ!
    『そんな予感がしたのです。』まで読んだ。

  13. 名無し

    現世でも女性に触れた事も話した事も無いドーテー28歳のワイ (´;ω;`)ウッ…
    フーゾクに行ったら剥けないホーケーでボッキ時8cmじゃ笑われるやろ 

  14. 名無し幕府さん

    31はヤニカスか?吸ってる物食わせてやりたいwwモグモグヤニカスは食べるのかなぁ想像しただけで面白い

  15. 名無し幕府さん

    来世じゃなくても型番指定すりゃ何時でもいけるやん

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。